img_02

競馬の馬券の種類と枠番と馬番の違い

競馬の馬券には枠番と馬番の2つがあります。
競馬の出走表を見ると、11頭で行うレースもあれば、13頭や14頭で行うレースなどあり、様々です。


神奈川の薬剤師の求人について詳しく知りたいならこのサイトです。

しかし、競馬の枠番は大半の場合1から8枠までの枠に区切られており、その中には1頭から2頭の馬が枠の中に収められています。

神奈川の便利屋に関するお役立ち情報コーナーです。

例えば、11頭で行うレースの場合は、1枠には1番の馬、2枠には2番の馬、3枠には3番の馬、4枠には4番の馬、5枠には5番の馬と、それぞれの枠の中に1等の馬が入ります。


また、6枠には6番と7番の2頭の馬が枠の中に入り、7枠には8番と9番の馬の2頭が入ります。そして8枠には10番と11番の馬が2頭入るという形になります。


尚、この枠と馬番はレース毎に異なります。
また、9頭で行うレースなどでは、1枠から7枠までにそれぞれ1頭の馬が入り、8枠のみ8番と9番の2頭の馬が入る場合も有ります。
このように、枠と馬番はレースにより変わってくるのです。

厳選したイタチの駆除に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

しかし、枠に関していえば、大半の場合は1枠から8枠までになるのが特徴です。
競馬の馬券の大半は、馬番で選び馬券が多く有りますが、馬券の種類に枠連と言うものがあり、枠連に関しては枠による選択になります。

シカの駆除情報を集めたサイトです。

馬連と言う馬券は、競馬の中でも特殊な馬券になるのですが、枠に入った馬が1着と2着になれば的中となるものです。

足やせのエステに関する情報の一覧です。

また、1着と2着になる馬の枠を選ぶ馬券と言う方が解り易いといえます。仮に、枠連で1-2と言う馬券を購入した場合は、1枠に入っている馬が1着で、2枠に入っている馬が2着か、その逆でも当たりになるのです。

一方、馬番での馬券の種類は、複勝、単勝、ワイド、馬連、馬単、3連複、3連単などになります。競馬でのワイドは、1着から3着に入ると思われる馬を2頭選び、選らんが2頭が1着から3着までの中に収まればあたりとなる馬券となります。

ワイドは競馬の中では比較的当てやすいと同時に、配当金も比較的大きいのが特徴となります。

http://www.kososha.com/
http://www.nrtk.jp/blog/around_narita/2011/01/post-26.html
https://www.facebook.com/JKA.karaoke